愛され続けて20年。
すべてのお客様にご満足いただくために。

厳しい看護師さん

私は病院で医療事務として4年程働いていた時期があります。市が経営する総合病院の内科に勤めていました。いわゆる外来クラークという仕事です。 外来クラークは、内科に診察にきた患者さんの受付や呼び出し、案内、カルテ準備、カルテ入力などの仕事をします。その際、内科担当の看護師や医師と関わることになります。 その時思ったのですが、看護師さんは全体的に気が強い人が多いなと思いました。もちろん、中にはやさしい看護師さんもいますが、全体的にみれば気が強い人のが半分以上を占めている気がします。受付の仕事に関して厳しいですし、何かミスがあるとすぐに指摘されます。医療事務側もかなり緊張感を持って仕事する必要がありました。正直、この人キツイ性格だなと思った時もあります。しかし、看護師さんの厳しさのおかげで、キチンと仕事しているといった充実感を得られたのも事実です。人の命に関わることもある病院の仕事なので、一つ一つの作業をキチッとこなしていく大切さを教えてもらった気がします。考えてみれば、あの医療事務の仕事をしていた日々はかなり充実していました。

看護師長の機嫌をうかがいながらの仕事に疲れた

私の仕事の第一歩は、詰所の中にいる看護師長の機嫌を伺うことになっています。そのようになったのは、看護師長の機嫌の具合によって、その後の仕事の進み具合がきまってくるからです。 師長は、看護師の仕事の管理者であるので、そのように機嫌が悪くなることもあると思っているのですが、あからさまにひどい時などは、本当に疲れてしまうのです。 その為、機嫌を伺ってから仕事を開始するようになりました。ほかの看護師も同じように、仕事をするようになっています。師長は、看護師がそんな風に機嫌をうかがっているとは、気づいていないのです。 そのため、ころっと態度が変わる時もあるので、そのような時には、少し私たちの気持ちも理解して欲しいとおもったりします。 そのことは、毎日仕事を続けていれば慣れてくるかなと思って、我慢をしています。しかし、いつかは爆発をすることがあるのではないかと、自分の気持ちの変化があるのではないかと思いながら働くことに、相当参っています。

Hello world!

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start blogging!

サブコンテンツ

このページの先頭へ